子供がインフルエンザ!どうしても会社を休めない時は?~横浜市の場合~

子育て

こんにちは!ママ大家です。

今日は、子供がインフルエンザや溶連菌などの感染症に罹ってしまったけど、どうしても会社が休めない、預ける両親も傍に居ない時のお助け施設についてレポートしたいと思います。

我が家の場合は、子供が手足口病に罹り、何日かお休みをしなくてはならなくなりましたが、私もパパも会社で大切な商談がありました。子供に付いていてあげたいけど、これで会社での立場が悪くなるのも困る…。

葛藤した末に、施設の利用を決めました。

会社の事を考え、イライラしながら看病する位なら、専門施設へ預けた方がいいっていう考え方でもいいと思います。

これから、就職を控えているママさんもおススメです。面接では必ず「子供が病気の時はどうするのか?」って聞かれますからね。

ママ大家
ママ大家

近くに預ける親戚も居ない場合は要チェック!

自治体管轄の「病児保育室」を利用する

各自治体には、「病児保育室」という施設が用意されています。

横浜市の場合ですと、主に2種類あります。

  • 医療機関併設型
  • 保育所併設型

利用をするには、いずれも事前登録が必要です。

(出典:横浜市こども青少年局

利用料も2,000円なので、利用しやすいですね。

まずは事前登録と見学を

横浜市病児保育施設一覧

少しでも病児保育室を利用するかもしれない。と思ったら、2施設以上事前登録をするのがお勧めです。

感染症が流行する時期は、病児保育室もいっぱいになる事があります。2施設以上登録していれば、万が一の時焦らずに済みますね。

また病児保育施設によっては、事前登録は郵送やFAXで受け付けてくれる所もあります。自分が利用したい施設が決まったら、施設に確認してみましょう。

一時的な保育とは言え、病気の大切な我が子を預けるのですから、なるべく事前登録を兼ねて見学に行くのがお勧めですね。

先生の雰囲気、管理状況、衛生管理などは、自分の肌で感じないと、分からないですから。

ママ大家
ママ大家

不明な点は聞いて不安を無くそう!

実際に病児保育室に見学に行ってみた。

私が実際に見学に行ったのは3施設。

問い合わせた施設は、「お昼寝の時間帯に来てください」との事でしたので、たまたま平日に用事があって、休みが取れた日に行ってきました。保育士さんが手が空く時間じゃないと対応できませんもんね。

見学の結果、内1施設は登録をしませんでした。

話を聞いていて、責任者と合わないなーと感じたからです。ママが合わないなら、当時まだ話の出来ない我が子もきっと合わないだろうなって思ったんです。衛生状態もちょっと目に付く所がありましたし…。

その他の2施設は、保育士さんも朗らかな人でしたし、衛生状態もよく、登録をしてきました。

やはり、自分の目で見て、肌で感じないと判断出来ない部分が多かったですね。

ママ大家
ママ大家

事前見学は絶対行こう!

実際に利用をした感想

当時子供が2歳の時、夜中に発熱したのですが、会社の都合でどうしても数時間預けなくてはいけない時に利用しました。

感染症流行期ではなかったので、当日の朝でも予約可能でした。掛かりつけ医で診断してもらって、施設へ向かいました。

子供の様子や、薬、好きな食べ物、好きな玩具などを詳細に連絡帳に記入し、引継ぎをしました。

慣れない施設に連れてこられて、必死に泣いていましたね…。でも、夕方迎えに行った時は、ニコニコとおもちゃで遊んでいました。

食事はあまり取れなかった様ですが、ミルクと薬を飲んで、長い時間眠っていたとの事でした。保育時間中の事は、詳細に連絡帳に記載されていて、安心できましたし、利用して良かったなと思いました。

ママ大家
ママ大家

出来れば、病気の時は会社を休んで看病したいな…

 

自治体管轄外の病児保育施設を利用する

自治体が管轄していない病児保育施設もあります。保育所で言うと認可外保育施設みたいな所でしょうか。

それをが、横浜市港南区にある「東海キッズケア」です。

なんと日本で最大の病児保育施設(最大定員300名)です。

横浜市港南区にある岡田眼科が併設する(株)東海メガネコンタクトが経営しています。横浜市港南区周辺に住んでいる人は、「岡田眼科」を知らない人は居ない位有名な眼科です。

年商35億円もある(株)東海メガネコンタクトが、事業拡大で病児保育施設を始めました。かなり儲かってますねー。

おススメのポイント

とにかくキレイ(新築)で、利便性が高すぎます。

  • 日曜日、祝日も預けられる
  • 預ける時に医師の指示書が不要。利用時間に保育士さんが併設の東海小児科へ連れていく。
  • パジャマ、タオルが無料で借りられる(家庭内感染防止)
  • 利用時間が長い(平日20時まで)
  • 利用料が安い(自治体のより安い…)
  • 看護師常勤
  • 車で行って、そのまま帰りまで駐車可能(別料金・80台収容可能)
  • 日中に発熱で保育園からお迎えの連絡があったら、タクシーが園に迎えに行き、東海キッズケアへ連れてきてくれる。
ママ大家
ママ大家

なんと至れり尽くせり!

病気になった当日に、病院に寄って医師の指示書をもらって、病児保育施設に行って…を考えると、車でビュンと横浜市港南区に行った方が早いかもしれません。高速道路の出口からも近い所にあります。

私は横浜市磯子区に住んでいた事もあり、ママ友がその辺りに住んでいます。利用した人から聞くと、施設も充実していて、とても良かったと言っていました。

こちらも、良いか悪いかは個人差があると思うので、事前に見学に行く事をおススメします。事前登録は郵送やFAXでも可能です。

病児保育室が休みの土日祝はどうする?

横浜市の場合、病児保育室は基本併設クリニックがお休みの時は、やっていません。

横浜市港南区が遠くない人は、日曜祝日は東海キッズケアを利用してもいいと思いますが、それ以外の方は、ベビーシッターを利用するのがおススメです。

ただ、平成26年にベビーシッターを名乗る男性に、預けていたお子さんが殺されてしまうという凄惨な事件が起きています。預けたのは、京浜東北線の新杉田駅と報道されていたので、すごく身近で起こった事件だと記憶に新しいです。

シッターさんを利用すると、仕事に行っている間は、自宅に子供とシッターさんの2人きりになります。本当に信頼できる人なのか、事前に担当シッターさんに会えたりお話しできたりする業者さんを利用したいですね。

ベビーシッターさんの事は、別記事で書きたいと思います。

ママ大家
ママ大家

良いシッターさんに巡り合えれば、自宅で預かってもらえるので、子供も親も楽ですね。

 

では、また♪

 

 

 

 

 

コメント